送料無料 レディース ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Quilted Coat with Faux Leather Trim Puffer Chevron 35%OFF ジャケット,/anociassociation241097.html,Chill,Big,Women's,レディース,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , レディースウェア , アウター,Faux,コート,bandprudente.com.br,Trim,Puffer,6335円,Chevron,Coat,ジャケット,【送料無料】,コート,Quilted,with,ファッション,ファッション,Leather 6335円 【送料無料】 レディース ファッション コート ジャケット ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Chevron Quilted Puffer Coat with Faux Leather Trim スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア レディースウェア アウター 6335円 【送料無料】 レディース ファッション コート ジャケット ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Chevron Quilted Puffer Coat with Faux Leather Trim スポーツ・アウトドア アウトドア ウェア レディースウェア アウター ジャケット,/anociassociation241097.html,Chill,Big,Women's,レディース,スポーツ・アウトドア , アウトドア , ウェア , レディースウェア , アウター,Faux,コート,bandprudente.com.br,Trim,Puffer,6335円,Chevron,Coat,ジャケット,【送料無料】,コート,Quilted,with,ファッション,ファッション,Leather 送料無料 レディース ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Quilted Coat with Faux Leather Trim Puffer Chevron 35%OFF

送料無料 レディース ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Quilted Coat with 安値 Faux Leather Trim Puffer Chevron 35%OFF

【送料無料】 レディース ファッション コート ジャケット ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Chevron Quilted Puffer Coat with Faux Leather Trim

6335円

【送料無料】 レディース ファッション コート ジャケット ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Chevron Quilted Puffer Coat with Faux Leather Trim





■ご注文の際は、必ずご確認ください。
※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので、ご入金確認後、商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております。
※高額商品(3万円以上)は、代引きでの発送をお受けできません。
※ご注文後にお客様へ「注文確認のメール」をお送りいたします。それ以降のキャンセル、サイズ交換、返品はできませんので、あらかじめご了承願います。また、ご注文をいただいてからの発注となる為、メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます。その際には早急にキャンセル、ご返金いたします。
※海外輸入の為、遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ、細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます。



指輪のサイズ表






※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー・商品によってはサイズが異なる場合もございます。サイズ表は参考としてご活用ください。


【送料無料】 レディース ファッション コート ジャケット ファッション コート ジャケット Big Chill Women's Chevron Quilted Puffer Coat with Faux Leather Trim

2021
10.31

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Kamila VALIEVA(ロシア)180.89 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)151.64
3 Mai MIHARA(日本)142.12 PB
4 Alena KOSTORNAIA(ロシア)138.96
5 Wakaba HIGUCHI(日本)135.86 PB
6 Mana KAWABE(日本)133.22 PB
7 Alysa LIU(アメリカ)132.90
8 Haein LEE(韓国)127.37
9 Madeline SCHIZAS(カナダ)123.95
10 Karen CHEN(アメリカ)114.67
11 Emily BAUSBACK(カナダ)100.35
12 Alison SCHUMACHER(カナダ)95.72

女子リザルト
1 Kamila VALIEVA(ロシア)265.08 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)232.88
3 Alena KOSTORNAIA(ロシア)214.54
4 Mai MIHARA(日本)210.01 PB
5 Alysa LIU(アメリカ)206.53
6 Wakaba HIGUCHI(日本)205.27
7 Haein LEE(韓国)190.00
8 Madeline SCHIZAS(カナダ)186.56 PB
9 Mana KAWABE(日本)186.52 PB
10 Karen CHEN(アメリカ)183.41
11 Emily BAUSBACK(カナダ)159.88
12 Alison SCHUMACHER(カナダ)151.19

河辺
3Aq 3Lz-3Tq 3Lo 3Lz-2T 2A-3T-2T 3Fq 3S
ぴぎゃああああああああああああああああああああああああああああ誕生日おめでとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおなんじゃこの1番滑走はああああああああああああああああああああああああい!!!緊張するコンビネーションが終わってから、どんどん勢いが増していって、3F、3S、コレオシークエンスと気持ちが乗っていきましたよ。女子シングル史上最高の1番滑走かもしれない。TESが速報から5点下がりました。詰まったジャンプもあるし140点は出せますね。

シューマッカー
3Lz! 2A-3T so 2F-1T 3Lo<< shaky 3Sq 3Sq-2T 2A shaky
ステップシークエンスとコレオシークエンスがめちゃんこあっさりしている。TESカウンターにコレオシークエンスと表記されなければ分からないぐらいに、ほとんど振付がありません。これはいかん。

バウスバック
3Lz so 2A-3T 3F 3Lo 2S<< df 3Lz fall 2A
港から愛する男を見送るSP(勝手な僕の妄想)に比べると、アルビノーニのアダージョは合っていなかったです。表現の幅を広げるためのものなのかもしれません。

スキーザス
3Lz-2T 3F so 3S shaky 2A 2A-3T 3Lo-2T-2T 3Lo
マッチョさがやや緩和されてきた蝶々夫人。トランジションちょっとふわっとしているけど、カナダ女子はまだまだ上達していくから全然心配していません。

ヘイン
2A 3Lz-3Tq 3Lo 3F!-2T 3Lzユナも滑った音源のアリランです。編曲もおそらく一緒?衣装はチマチョゴリ風でキラキラしています。アリラン好きだったなーノーミスの演技観たかった。後半のパワー不足は否めないです。音楽がそんなに強くないので、ガシガシ滑っていかないとどんどん小さな演技になっていきます。

三原
3Lz-3T 2A 3F 3S 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo
いええええええええええええええええええええええええええええええええい!!!やったああああああああああああああああああああああああああ!!!ジャンプ低くなっちゃうものもあったけど、とりあえず降りた!ステップシークエンスでの頭の使い方が上手かった。仰ぎ見たり、苦悩したり、微笑んだり、腕と一緒に動かしてみたり、すっごい上手。頭の使い方だけで加点+2増えてほしい。TESが速報から下がらなかったーよかったー。モヤがかかったような神秘的な衣装が本当によく似合います。点数は発狂しておらず、今の彼女のスケーティングスキルを反映したものになっています。PCSを伸ばせる余地はまだあります。

カレン
2A 3Lz-3T< 3F!< 3Loq 2A連続の転倒はかなり痛そうでした。スピード出してダイナミックに跳ぶからダメージ大きいでしょうね。キスクラでは涙を流していました。回転が足りたジャンプが2つしかありませんでした。

新葉
3A 3Lz-3Tq 3S 2A 2Lz 3Lo-2T 3Fe-2T-2Lo
3Aきたあああああああああああああああああああああああああああああああああああなんでルッツが抜けるおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお……うう……。3Lz-3T入ればTES80点なのに。でもようがんばった。いいプロなんだからジャンプ降りれば点数出るよ!スカートがライオンのたてがみみたいでかっこいいよ!

アリサ
3A<< fall 3S 3Lo 2A 3Lz-1Eu-3F< 3Lz-3T< 3Fq+2A
華!溌剌!爽やか!若さ!ポカリかエイトフォーのCM出られるレベル。回転不足でかなりTESが下がったので、暫定1位には立てませんでしたが、元々ファイナルには厳しい位置なので、3Aを成功できるようにチャレンジしていった方が今後のためになるとの判断でしょう。

コストルナヤ
3A< so 3Lz-2T 3Lo 2A 3F-3T 3F-1Eu-3Sq shaky 3Lz<
四季ではなく、ビリー・アイリッシュのプログラムです。彼女が気持ちよく滑ることができるのであれば、これでもいいのかもしれません。PCSにジャッジの戸惑いが表れている。そんなにミスしていないのに、何を見せたいのか理解できないことが多いです。

リーザ
3A-2T 3A 3Lz 3Fq 2A-1Eu-3S 3Lz+2A 3Lo
揺るがない。強い。全盛期を更新し続けるベテラン。「年齢なんてアクセサリーみたいなものね」って言ってほしい。

ワリエワ
4S 3A so 4T-3T 3Lo 4T-1Eu-3S 3F-3T 3Lz
強すぎてもう、ステップアウト1つぐらいの演技では驚かなくなりましたし、歴代最高得点出しても「そりゃ出るよ」としか思わないです。PCSさえも技術でなぎ倒していく。PCSの概念を破壊していると言ってもいいです。ワリエワがオリンピックを制して当然という空気がありますね。これもすべて昨シーズンから、国営放送のYouTubeを使って、全世界に向けてワリエワの演技をアピールしていたからです。メディアにもファンにもジャッジにもそれが刷り込まれているわけです。これは悪いことではなくて、日本もアメリカもやらなくちゃいけないんですよ。呑気に質問動画とかメッセージ動画上げてる場合じゃないんすわ。利害関係者いるのは分かるけどね?そこを何とかしましょうよ。

ワリエワ強すぎる。SPで3A降りて、LPを4回転で埋め尽くしたトゥルソワしか勝てない。大宇宙ジャンプ戦争は第3戦イタリアへと続くのであった。
2021
10.31

スケートカナダ 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)125.32
2 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)121.23
3 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)115.96
4 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)114.11
5 Diana DAVIS / Gleb SMOLKIN(ロシア)109.91 PB
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)107.20
7 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)106.19
8 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)99.80
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)95.81
10 Elizaveta SHANAEVA / Devid NARYZHNYY(ロシア)92.13

アイスダンスリザルト
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)210.97
2 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)200.05
3 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)192.93 PB
4 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)186.51
5 Diana DAVIS / Gleb SMOLKIN(ロシア)180.57 PB
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)179.07
7 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)178.08
8 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)168.76
9 Elizaveta SHANAEVA / Devid NARYZHNYY(ロシア)160.66
10 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)156.56

セールス&ワムスティーカー
Scared To Be Lonelyという曲で滑っているので、女性がしきりに男性の顔に手を遣って、すがるような表現を見せています。ダメだよ、その男遊んでそうだし依存しない方がいいよ(偏見)。ツイズルをかなり後ろの方に入れていました。これぐらいのレベルのカップルでツイズルの位置が後ろにしているのはマジ熱い。かっけえ。

シャナナリ
女性は中に肌色のタイツがあるはずですが、黒のスケスケ衣装のせいでほとんど裸に見えちゃう。RDよりさらに滑らなくなりました。何か怪我でもしてるんじゃないかってレベルです。トランジションでの転倒が不調の引き金なのか、不調だから転倒したのか。おそらく両方か。

カレポノ
よし、ツイズル転倒しなかったからOK!ズンドココレオステップは、ちゃんと踊れたらかっこよくなるのでしょうね。女性の踊り心が足りないと思います。んでもって、これってスコット・モイア先生が滑った方がしっくりくるんだろうなーって。別にスコット先生振付ではないけれど。

エテリ娘組
ステーショナリーから、ホールド組んだ状態でのローテーショナルのコンビネーションリフトめちゃんこ素敵でした。トップカップル並みの加点を得ています。サーキュラーステップはそんなに進まないけれど、冒頭のリフトの余韻がずっと続いているから全然オッケー。ロクサーヌからYour songに曲が変わって、滑らなくなってきているので、ステップのエレメンツはせずに、リフト2つで締めくくっていました。自分たちの弱点を理解して、いかに効果的に見せるかが分かっています。戦略勝ちです。素晴らしいです。

ラジュラガ
スピード感=南国の鳥が空を舞っている この一目瞭然のプログラムで、誰にでも伝わりやすいです。エレメンツを畳み掛けても、まったく雑な印象にならず、すべて勢いだと受け止められます。調子がよさそうで何よりでした。レベル取りがんばれ。キスクラでクチバシのマスクつけててワロタ。

フィアギブ
観るのは2回目だけど、前の演技のことが頭から抜けていたから、ワンフットステップの後にサイドバイサイドのソロスピンやるかと思っちゃった。ツイズルは2人としてはあまりよくないものでした。コレオステップのズンドコリミックスは、2人の動きがシンクロしていて気持ちよかったです。コレオスライドでの男性の転倒はもったいなかったです。転倒しながらのフィニッシュですからPCSにかなり影響が出そう。2人としても満足のいく出来ではなかったはずです。

グリパー
氷にへばりつくような無機質なコレオスライドからのスタートたまらんですね。地表から溶岩が噴き出して大地が作られていくみたい。そこに雨風が吹いて、やがて命が育まれ、人類が誕生し、我々の知る地球が出来上がっていくような。壮大なエネルギーを感じます。実際にこのプログラムで演じていることは知らないよ!

スマディア
世界で最も情熱的なメロン。今週もゾロを堪能できました。このプログラムは世界中どこで滑ってもウケがいいでしょう。サーベルでカチンカチン戦わせたり、低い位置での氷えぐるようなリフトがあったり、絶対に盛り上がるんですわ。オリンピックシーズンにふさわしい華やかなプログラム。今シーズン中に120点突破すると思います。GPS3大会連続4位から、ついに表彰台に立ちます。

グリーンルームでスマディアの真似するグリパーかわいい。

ギニャファブ
RDはマイコーがあまり合っていないのもあるけれど、寄る年波には勝てないのか……とも思っていました。いやー杞憂ですね。テーマさえ合えば全然大丈夫ですわ。昨シーズンからの持ち越しプログラムだけど、単に美しいだけでなく、悲愴感があってドラマティックで艶やか。かつ、すべての表現要素にまとまりがあって、シームレスに紡がれている。これぞトップカップルの演技。

パイポー
あまりダンス向きではないLong and Winding Roadを滑るために、ここまで成績を残して評価を地固めしてきたんじゃないかなーって思うんですよね。でもこれはスポーツなので、点数を取れないと勝負には勝てません。カーブ×カーブのコンビネーションリフトとか、最後のコレオリフトなど、加点を取り切れていないエレメンツがいくつかあります。±0をつけた1番ジャッジは、ネームバリューに流されず、勇気のある採点を下したと思います。パイポーはシーズン中に振付を変えていくタイプなので、プラスの取れなかったものは改善していくはずです。せっかくの集大成のプログラムなのですから、きちんと点数を出してほしいです。
2021
10.31

スケートカナダ 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)200.46
2 Evgeni SEMENENKO(ロシア)168.30
3 Jason BROWN(アメリカ)165.55
4 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)161.27
5 Makar IGNATOV(ロシア)154.38
6 Conrad ORZEL(カナダ)149.56 PB
7 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)148.85
8 Sota YAMAMOTO(日本)146.96
9 Alexander SAMARIN(ロシア)145.65
10 Keegan MESSING(カナダ)145.06
11 Roman SADOVSKY(カナダ)144.79
12 Keiji TANAKA(日本)143.37

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)307.18
2 Jason BROWN(アメリカ)259.55
3 Evgeni SEMENENKO(ロシア)256.01
4 Makar IGNATOV(ロシア)244.17
5 Keegan MESSING(カナダ)238.34
6 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)232.87
7 Sota YAMAMOTO(日本)225.74
8 Alexander SAMARIN(ロシア)224.20
9 Conrad ORZEL(カナダ)222.75 PB
10 Keiji TANAKA(日本)222.20
11 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)221.77
12 Roman SADOVSKY(カナダ)217.73

クヴィテラシヴィリ
4S so 3A-2T 4T-3T 3Lo 4T 3F-1Eu-3S 3F
抜けなしのクヴィテラシヴィリはレアですね。4S-3T入れられなかったのを4T-3Tできっちりリカバリーもできました。曲にMy wayが入っているから、君の瞳に恋してるも入れてほしかった。体が欲しています。同じアメリカテーマだから、コストルナヤのSPにゲスト参加してみてほしい。

樋渡
2S 4T曲はアーティストだけど、タキシード着てるから、結婚式に遅れそうなドタバタコメディーに見えなくもない。中盤の悲劇的なパートは、義父の怒りを想像したときの新郎の心境。そして会場に到着してみればみんなに笑われて大団円。

サドフスキー
4S 3Lzq-3T 3A-2T 2Lo 4Sq hd 3Aq fall 3Fe shaky-1Eu-3S< shaky
ジャンプに集中して慎重な入りながらも、最初3本のジャンプは決めていきました。後半は序盤ほどのスピードがなく、ああ……といういつもの展開に。ジャンプで失敗しても、スピン3つを残しているので、それらのハイクオリティーで印象を書き換える戦法。鼻血出ちゃったけど、衣装汚れていないといいな。

オーゼル
4T-3T 4S so 4T 3F! 3A-2T 3Aq shaky 2Lz-1Eu-3S
4Tはクリーンでした。膝を使ってスッと着氷しました。ステップシークエンスのときの手の表現がお留守になっているところは、なかなかのものでした。ミーシンチームに入って、手首から先だけを動かしまくる表現教えてもらいましょう。

サマリン
4Lz-3T 4Lz so 3A shaky 3S so 3Lz 3A fall 3Lo
おお……最初だけ素晴らしかった。最初だけはユーロメダリストになる勢いでしたよ。4Tも入っていない不思議な構成だ。サマリンの構成いつも変わるな。

草太
2T 4T fall 3Aq-1Eu-3S 3Aq 3F-3T 3Lo 3Lz-2T
4Tの日ではなかったです。めちゃめちゃ助走を要しているので、そこがPCSに反映されています。ステップシークエンスの最後で、右手上げながら顔を背けて3F-3Tに入っていくのがかっこいい。イーーーーーグルのコレオシークエンスよりかっこいい。ここだけ3回リピートしました。移籍して表現面は僕の好みになっています。ありがとう美穂子先生。

デカ
2S 4S fall 3A-3T 2Lz 3A-1Eu-2S 3F 3Lo
PCSにも出ている通り、振付はめちゃんこかっこいいです。ここに加えて映画の主人公と教師の狂気性をプラスできれば、とんでもない作品になると思います。単にかっこいいだけではダメなんです。人格破綻レベルの狂気が必要なんです。

セメネンコ
4T-2T 4S hd 4T 3Lo 3A shaky-1Eu-3S 3A so 3F-3T
意地でもジャンプを消費するマン。抜けたら絶対取り返すマン。ステップアウトしても振付っぽくごまかすマン。この根性とスタミナは他のロシア男子にも分けたい。

イグナトフ
4Lo< fall 4S 4T 4T-2T 3A so 3F-2T 3Lo-1Eu-2S
4T2本目あたりですでに疲れていました。構成としてはセカンドトリプル2本とサード3Sを入れられますが、すべて2回転にしました。3回転にしたら転倒します。4Sは大きくて質がよかった!音楽表現はしていません。最後まで懸命に滑りました。

メッシング
4T-2T 4T so 3A shaky 3Lo fall 3Lz fall 1A 3F-3T so
とてもいいスタートでしたが、最初以外すべて失敗しました。3Loの転倒でアゴを打ち付けたのか、演技終了後に気にしていました。頭が大きく振られたので、脳震盪など大事に至らないといいのですが。

ブラウン
4S<< df 3A fall 3A-2T 3Lo 3F!-3T 3Lz-1Eu-2S 3F
4Sは回転不足での両足着氷でした。冒頭2本のミスよりも、ラストのチェンジキャメルスピンでの失敗の方が意外で。こういうミスをすることもあるのですね。いつもよりは元気がない演技だったかもしれません。

ネイサン
4S 3Lz 4F-3T 3Lo 3A 4T-1Eu-3F 4T shaky-2T
安全策が普通の選手のマックス構成より強い。こんなの勝てるかーーーーーい!普段のネイサンよりは平坦な演技でした。連戦の疲れはあるだろうし、ここで無理をして怪我をしても意味ありません。ヘンテコな編曲だし、キレキレの状態でないと正当な評価はできません。現状、ズンドコビートパートに対しては、ロケットマンほどの有意性を見出せないです。

ネイサンが連勝でGPF一番乗りを決めました。セメネンコはGPS初表彰台です。コンビネーションをきちんとリカバリーして、回転不足なしで演技を終える。基本的なことがきっちりできているからこその逆転ですね。ロシアからは誰がオリンピックに行くことになるのでしょうか。
2021
10.31

スケートカナダ 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)145.11
2 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)128.22
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)123.62
4 Vanessa JAMES / Eric RADFORD(カナダ)122.90
5 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)118.89
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)113.82
7 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)111.56 PB
8 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)85.88

ペアリザルト
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)224.05
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)193.08
3 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)189.90
4 Vanessa JAMES / Eric RADFORD(カナダ)187.92
5 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)186.82
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)180.25
7 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)168.81 PB
8 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)134.68

ゾーイ組
3T<< fall 3Tw shaky 2A shaky 3LzTh 3LoTh
転倒1つで済み、リフト落とさず、スロー2本をクリーンに成功させるなんて、彼らとしてはかなりいい出来だったと思います。スロージャンプがもっと不安定なペアなんてたくさんいます。

マトフェル
3Tw shaky 3T df 3S 3LoTh 3LzTh
低空ツイストも、ほとんど投げずに女性の膝任せのスロージャンプもめっちゃカナダ。彼らがここまでできるなんて思わなかったです。カナダ開催の大会でなくても、111点出せたと思います。それぐらい形になっていました。

ケイン髭
3Tw 3Loq 3LzTh 3Sおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおコケない!!!!!ソロジャンプの回転不足はありますが、2人ともコケないというだけでなかなかのレア演技。これを継続してほしいです。男子シングルでバレエジャンプが得意な選手が勢揃いしていて、ケイン髭も得意。スケカナはバレエジャンプ祭りです。演技の終盤にスピード上げてのコレオシークエンスかっこいい。女性はガッツポーズなのに、男性はエレガントに腕を下ろしてフィニッシュ。性格出ますねえ。

ヴァネラド
3Tw 3T< fall 3S 3STh 3LzTh so
すごく悪いわけではないけれど、あんまりよくない。2人の最小公倍数的な演技。まだ噛み合っていないだけだと思いたいです。背伸びせず、もっと滑りやすい曲でもいいと思うのですけどね。

モーマリ
3Tw shaky 3S-2T-2T 3LoTh 3T 3STh
ジャンプ系統のエレメンツはすべて着氷しました。リバースラッソーを上げるタイミングを逸して、ひと呼吸を置いてもう一度上げ直しました。しかしながら、ノーバリューという扱いになっています。グループ3リフトは途中で落としてしまいました。これもノーバリューです。リフト2つの点数があれば、総合2位にはなっていたはずです。惜しいミスでした。

ハセジー
3Tw 3T-2T-2T shaky 3S fall 3LoTh so 3STh df
元々淡々とした演技だったので、1つのミスで流れが切れてしまいます。BGMになっていたので、インタープリテーションが低めの評価です。今日の出来ではもっと低い評価でもおかしくなかったと思います。

ダリデニ
3T-3T3T-3T-2Tは回転が足りませんが挑戦してきました。3Sはタイミングがズレまくっての転倒となりました。ずっと3Fを跳んでいたので、3Sが入っている違和感よ。リバースラッソーは完全に流れが止まっていました。股を持つってどういうこっちゃ。編曲がとても雑なので、エレメンツをすべて決めないと、いい印象にするのは難しそうです。音楽のタイミングとピッタリ合ったスローループはかっこよかったです。ブラックスワンらしいフィニッシュポーズもかっこいい。彼らは他のロシアペアよりシーズンのスタートが遅れました。まだプログラムを消化しきれていません。2位を確保できて及第点という感じでしょうか。

スイハン
3Tw 3T-2T-2T 3S< fall 3FTh 3STh
別格の別格でした。別の競技始まったの?ってぐらいにありとあらゆるものがスムーズで、独創性に溢れていました。トランジションのダンスリフトひとつとっても、ダンスリフトの出にイーグルを入れたりして、存在感と意味を持たせています。最後のグループ3リフトのポジションどういうこと?I字スピンのポジションを上下逆さにやっているんですよ?それできれいに見えるってヤバくない?スイハン1組だけで3組分の演技の情報量ありましたよ。

場が荒れたのを、スイハンがきれいに整地してくれました。ありがてえありがてえ。スイハンは連戦で大変だけど来週もがんばれ。
2021
10.30

スケートカナダ 1日目 女子SP

スケカナ秋の3A祭り。

女子SP
1 Kamila VALIEVA(ロシア)84.19 PB
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)81.24
3 Alena KOSTORNAIA(ロシア)75.58
4 Alysa LIU(アメリカ)73.63
5 Wakaba HIGUCHI(日本)69.41
6 Karen CHEN(アメリカ)68.74
7 Mai MIHARA(日本)67.89
8 Haein LEE(韓国)62.63
9 Madeline SCHIZAS(カナダ)62.61
10 Emily BAUSBACK(カナダ)59.53 PB
11 Alison SCHUMACHER(カナダ)55.47
12 Mana KAWABE(日本)53.30

三原
2A 3Lz-3Tq 3F
筋肉が落ちたので、肘の飾りやスカートでボリュームを出して、女性らしさを補うのは非常に効果的ですね。ジャンプは3本とも入りました。フライングシットスピンはちょっとチェンジエッジで回転が遅くなったものの、出の振付で一気にきれいにまとめ上げました。夢やぶれての選曲ばっちりハマっています。えらく若いコーチ……セイ・カワハラではないか。

シューマッカー
3F3F-3Tは回避しました。3-3を無理に跳ぶのは止めたんですね。もう無鉄砲なジュニア選手ではありませんからね。ジャンプの回転が足りなくなってきて、なかなか苦労が見えます。よくなってきていた音楽表現の部分は元に戻っているように見えました。チャキチャキこなしすぎ!!!

河辺
3A<< fall 3Lz! fall 3F-2T
アシンメトリーでかっこいい衣装。爆速から3Aに入りましたが、前向きでの転倒となりました。続く3Lzでも転倒し、3Fでリカバリーしました。今シーズンは調子はよさそうに見えたし、本人も気合が入っていたでしょうから、結果としては残念でしょう。ここから取り戻せますよ!日本時間では明日が誕生日なので、最高の演技で16歳を締めくくってほしいです。

バウスバック
3F-3T shaky 3Lo 2A
まつ毛すげえええええええええええええええバッサバサ。非常に力強い母性的な演技でありました。島に住んでる女性が、港から恋人を送り出すような力強さ。全てを包み込む優しさと、もう私のことは忘れてしまうのだろうという諦め。全てを含んだ笑顔。泣けるううううううう。なお、このストーリーは僕の妄想です。

スキーザス
2Lz-3T 3Lo 2A
3Lzが2回転になったものの、3Tは繋げて要素抜けは回避です。プラス評価を受けられる質でまとめられました。My Sweet and Tender Beastはロシアの若い選手が滑ることが多くて、可憐な演技になることが多いです。スキーザスは今シーズンも強いです。バウスバックに続いて強いです。カナダ強いです。筋肉強いです。

新葉
2A 3Lzq-3Tq 3F!
若葉色の衣装の新葉さん。上品な衣装で穏やかなボーカルだけれど、演技がおとなしいわけではありません。心の機微を体を大きく使ったステップシークエンスで、たしかなエッジワークで成熟した一面を見せてくれました。一番のお気に入りはコンビネーションスピン終えるときに、足上げながら1回転するところね。あの余韻の残し方素敵。大人になったねえ(しみじみ)。

ヘイン
2A 3Lz-3Tq 3F fall
3Fの転倒がありました。滑りの清潔感は半端ない。韓国女子は、表現が淡白な選手が多いですが、ヘインはちょっとクオリティーというかタイプが違いますね。かといってジャンプが苦手なわけでもなく、バランス取れています。

ワリエワ
3A 3F 3Lz-3T
ジャンプは完璧ではありませんが、加点を得られるレベルで降りています。完璧に降りるとTES50点出るかもしれません。コンビネーションスピンは満点の評価でした。これは+5をつける他ありません。だって完璧なんですもの。84点でも喜ばないところが彼女のレベルの高さを物語っています。歴代最高出すのはいつかな?

アリサ
3A< 3F! 3Lz-3T
ついにSPに3Aを組み込んできました。安全策で抜く大会が続いてきましたが、回転不足ではあるもののがんばりました。今の上り調子を表していますね。プログラムは文句なしにいいです。シーズンインが早かったですし、滑り込みもできています。あとはジャンプだけです。

コストルナヤ
3Aq 3Lz 3F-3T
プログラムがニューヨークニューヨークになりました。それなら黒ではなく、華やかな色の衣装でもいい気がするのですけどね。3Aは高さがありました。qマークがあるものの少しずつ前進しています。昨シーズンよりも体を絞っているので、滑りにも重さがなくなってしまい、ジャンプ以外での魅力は薄まってしまったというのが正直な感想。どちらを優先するかは難しいです。とにかく健康でいてください。

カレン
2A 3Lz-2T df 3Lo
ここまで続いている流れに乗ってほしかった。3Lz-3Tが入らなかったですが、スケーティングが完全ではない選手や、発展途上の選手が多くいるため、相対的にこういうPCSで落ち着いたのかなーと思います。

リーザ
3A 3Lz-3T 3F
秋の3A祭りを締めくくってくれる女帝。紅白の大トリみたいなものですね。ほんとミスしませんね。前2項目の点数が抑えめなのは、ジャッジなりに滑っていないアピールをしたかったのですね。PCSは高いと思いますが、最終順位としては納得ですかね。音楽がBGMになった、ジャンプのためだけのスカスカプロとはわけが違います。中身のあるスカスカプロなのだ!(矛盾)

この大会を機に、女子は3Aを練習するのが当たり前になり、6種トリプル標準装備の時代に突入するのであった。